研究所について

Research Institute

千總文化研究所は、京友禅着物の千總が持つ染織技術、美術品、歴史資料といった様々な有形・無形の文化財を学際的に研究する機関です。千總は1555年に創業して以来、京都の地で商いを続けて参りました。宮家、寺院の衣装を手掛ける法衣商として、友禅染の呉服商として染織の技に研鑽を重ね、一方で美術工芸界とも深く関わり、京都の文化の一端を担ってきました。守り伝えたい日本の文化を未来へつなぐことは、460余年にわたり暖簾を掲げ続けてきた老舗の使命でもあります。
千總文化研究所は、研究者、技術者、アーティストと学問や分野を横断する知と創造のプラットホームとして、社会へ貢献することを目指して参ります。

代表理事 西村總左衛門

Institute for Chiso Arts and Culture is engaged in the interdisciplinary studies of tangible and intangible cultural properties such as dyeing and weaving techniques, art pieces, and historical materials owned by Chiso. Since its establishment in 1555, Chiso has continued in business in Kyoto, as a garment merchant dealing with kimonos for court nobles and temples, and as a yuzen-dyed kimono merchant, honing its dyeing and perfecting weaving techniques. In the meantime, the company has also been involved deeply in the world of arts and crafts and played a part in the culture of Kyoto.
As a platform of intelligence and creativity crossing the boundaries of academics and disciplines together with researchers, engineers, and artists, Institute for Chiso Arts and Culture aims to contribute to society.
Handing down the Japanese culture which we wish to preserve and transmit to the future is the mission of Chiso, a traditional company that has been in business for more than 460 years.

Sohzaemon Nishimura, Representative Director

研究所概要

About

名称:一般社団法人千總文化研究所 Institute for Chiso Arts and Culture
設立日:2017年3月30日
所在地:〒604-8166 京都府京都市中京区三条通烏丸西入御倉町80 ㈱千總内
電話:075-211-2531
FAX:075-211-2530
URL: http://www.icac.or.jp

代表理事:西村 總左衛門(株式会社千總 代表取締役 会長)
理事 :小林 芳雄(一般財団法人大日本蚕糸会 会頭)
理事 :林 史己(公益社団法人日本図案家協会 会長)
理事 :森口 邦彦(染色家・重要無形文化財 友禅 保持者)
監事 :柴山 真一(株式会社千總 常務取締役)
所長:加藤結理子 (株式会社千總)

株式会社 千總  |   privacy policy   |   Copyright © Chiso co., Ltd. All rights Reserved